未来のアグリ株式会社(旧北原電牧株式会社)    

野生動物対策TOP
――有害鳥獣対策とは?――
  基礎編――二つの手法 
    電気柵
    物理柵
  実践編――動物別戦略
    イノシシ
    シカ
    サル
    クマ
    その他(中型ほ乳類)
    AdvancedDefence
  囲い込み捕獲
  有効利用――おいしく食べる
  各種捕獲罠
  耕作放棄地放牧のススメ 
=現場の専門スタッフから=
  FAQ
  リンク

free downroad

 サルを防ぐ
 

サルは知能が高い

 頭が良い、ということは学習能力が高いということですから、動物に学習させることが必須条件である電気柵の心理的効果は他の動物よりも高いと言えるでしょう。ただ、頭が良いので通常のワイヤーの電気を流すタイプの電気柵では、ワイヤーの隙間から入られる可能性大です。また、「この柵は入ることができる」という悪い意味での学習をさせないためにも、全路線の設置が終わらなくても、設置が終わった場所から順に電気を流すべきです。

 
サルは運動能力も高い
 手足を上手に使うサルにとって物理柵はほとんど意味をなしません。そこで物理柵と心理柵(電気柵)を併用するタイプの柵が一般的です(この形状は特許であり、「日本電気さく協議会」の会員か、許諾を得た場合にのみ使用できます)。しかしこのような併用柵も、サルの運動神経をもってすれば、約1秒間隔にしか流れない電気柵に感電する間もなくあっという間に柵を駆け上って畑に侵入してしまうことがあります。このような場合に備えて、確実にサルを感電させる工夫が必要になります。
 また、柵の外に建物や杭があると、そこから横っ跳びに畑に侵入することもあります。柵を張るときにはこのような場所を避けるか、個別の対応が必要になります。
 
とにかく、一筋縄ではいかない
 サルの防除は他の動物に比べて困難です。効果的な設計自体が他の動物に比べてハードルが高い上に、柵に任せきりで防除への関心が薄れてくると、存在する柵内部への侵入方法を見つけ出してしまう可能性も大きくなります。追い払いなども併せ、常に畑に寄らないよう、地域ぐるみでの対策が一番必要なのは、サル対策です。
  
                                                        


 先に述べたとおり、基本は物理柵+心理柵(電気柵)の併用柵になりますが、確実に電気に触れさせるための工夫が必要です。
 その一つの答えが忍び返し。立体的な障害(=忍び返し)を設けることで、サルが一気に柵を駆け上ることを防ぎます。忍返しを超えようとしている間に電気柵に触れる可能性が高まります。

 電気柵の上に樹脂ネットを被せることでこの効果をさらにアップさせることができます。樹脂ネットは大変不安定ですので、電牧線をつかんでしまう可能性が高まる上、ワイヤーとネットの隙間からの侵入も防ぐことができるからです。
 もう一つの解決策は、金網と電気柵の間を、サルがと登れない素材で塞ぐことです。その素材はつかむことができないので、上に行こうとすればその素材より上にある電牧線を掴むしかないのです。この方法は現状ではコストがネックですが、極めて優秀な方法だと言えます(特許)。

 物理柵+電気柵のバリエーションとして、電気柵部分に電牧ネット(樹脂ネットの数段をステンレス入りのポリワイヤーで編み、そこに電気を流す特殊なネット)を使用する場合もあります。この場合も「一気登り」を防ぐために、ネットを杭から離して設置したり、ネット部分に使用する杭を柔軟なグラスポールにしたりすると効果的です。
 また、金網自体に電気を流してしまうという大胆な方法もあります(特許)。この場合、完全に杭の絶縁をすることが難しく、樹脂のピンホールからごく小さな漏電を起こしてしまいますので、電牧器は通常よりも高性能の物を使用する必要があります。


事例については、右・詳細よりご覧ください 
Copyright (C) 2016 MIRAI no Agri CO.,LTD. All Rights Reserved.
  powerd by higumajuku