未来のアグリ株式会社(旧北原電牧株式会社)    

――有害鳥獣対策とは?――
  基礎編――二つの手法 
    電気柵
    物理柵
  実践編――動物別戦略
    イノシシ
    シカ
    サル
    クマ
    その他(中型ほ乳類)
    AdvancedDefence
  囲い込み捕獲
  有効利用――おいしく食べる
  各種捕獲罠
  耕作放棄地放牧のススメ 
=現場の専門スタッフから=
  FAQ
  リンク

free downroad




増えた種類
 現在、日本で獣害を及ぼしうる中型ほ乳類としては、キツネ、タヌキ、ウサギ、テンなどの在来種に加え、アライグマ、ハクビシン、ヌートリアなどの外来種が軋轢を増やす傾向にあります。厄介なのは、キツネやタヌキであれば防げるフェンスで、外来種に機能しないケースが多々あることです。単にキツネが増えたというのなら、キツネに利くフェンスを張れば被害は防止できますが、種類が増えたことで、きめ細かく現地の状況を確認して防除フェンスを選ばなくてはなりません。例えば、アライグマは手足が器用でよじ登りを苦としませんし、ハクビシンは電気柵の潜り抜けを得意とします。特定外来生物をはじめ、外来種は基本的に捕獲対象となり得ますが、現実的に捕獲だけで様々な被害を防ぐことは困難な状況に来ています。当社では、これらの中型ほ乳類に特化した防除フェンスにも取り組んでいます。

  

 ハクビシンは電気柵潜り抜けの名人です。キツネ柵の流用で済まそうとすれば、かなりの確率で侵入を許すことになるでしょう。右の写真は、電気柵に樹脂のネットを併用したものです。単純ですが、これだけで防除機能は大幅にアップします。キツネ等ではネットがなくても相当の効果が期待できますが、あればなお良いことは言うまでもありません。
 資材はイノシシと同じものに樹脂ネットをプラス、ワイヤー最下段10cm、10〜15cm間隔の3段、4段張りが標準です。漏電管理はイノシシ以上にシビアですから、防草シート等も積極的に利用したいところです。 
 小動物対策として注目を集める「獣塀くん」も北原電牧で取り扱っております。獣塀くんにつきましては 山梨県総合農業技術センターのホームページをご覧ください。

 

野生動物の保護管理について
 被害があるから捕獲し致死的に排除する。これは、日本でごくごく自然に行われてきた方法です。しかし、現在では自然界をエコシステムとして捉えるスタンスが根付き、できるだけ在来のエコシステムを攪乱せず、うまくバランスをとりながら折り合いを付けるという方向に向かいつつあります。
 例えば、キツネは野ネズミのほかおびただしい数の昆虫類を補食します。キツネが害獣だからと殺して欠落させると、当然、キツネを養っていたネズミや昆虫が増えることになります。ネズミが増えると、今度は植林の新芽や樹皮が被害に遭うようになり、殺鼠剤をヘリコプターで撒いたりします。大量の殺鼠剤はネズミ以外の生物にも影響を与え、河川に流入しヒトにも悪影響を及ぼすかも知れません。つまり。キツネを使ってネズミの生息数をコントロールする、あるいは、ネズミを使ってキツネを養うという発想で、山や林のエコシステムを機能させたほうが、はるかに合理的で安全で安上がりだとも言えるわけです。
 一方、外来生物は、これまで我々がキツネなどに行ってきた害獣駆逐同様、在来のエコシステムを攪乱し、場合によっては破綻させる方向のものです。現在、日本でも根付きつつある「野生動物の保護管理」というスタンスは、在来のエコシステムに十分配慮しながらヒト側の被害を解消していく方向ですが、在来種に対しては防除、外来種に対しては駆逐を原則としていると言えるでしょう。

 

Copyright (C) 2016 MIRAI no Agri CO.,LTD. All Rights Reserved.
powerd by higumajuku