未来のアグリ株式会社(旧北原電牧株式会社)    

――有害鳥獣対策とは?――
  基礎編――二つの手法 
    電気柵
    物理柵
  実践編――動物別戦略
    イノシシ
    シカ
    サル
    クマ
    その他(中型ほ乳類)
    AdvancedDefence
  囲い込み捕獲
  有効利用――おいしく食べる
  各種捕獲罠
  耕作放棄地放牧のススメ 
=現場の専門スタッフから=
  FAQ
  リンク

free downroad


 LINKS
 
農水省鳥獣害対策コーナー
 充実充実した獣害対策マニュアルがダウンロードできます。農水省関係のリンクはこちらのリンク集をご利用ください。


日本電気さく協議会
 電気柵の業界団体で、主にの安全性ま電気さくの普及と啓蒙に取り組んでいます


北海道環境科学研究センター
 北海道におけるヒグマ・シカなどの問題に対応するための、道庁のブレーン的機関で、野生動物科では「エゾシカ保護管理計画」「ヒグマ保護管理計画」の骨子づくりから、データ分析をおこなっています。HP内『自然環境』からお入りください。

北海道庁渡島支庁
 北海道・渡島半島でおこなわれている「ヒグマ保護管理計画」における取り組みのフィードバックとしても有益なHPです。

兵庫県森林動物研究センター
 北海道の環境科学研究センターと並び、ワイルドライフマネジメントに取り組む西の雄。HPの内容も充実しており、特にシカ捕獲の新技術を公開する被害対策のページは必見。

山梨県総合農業技術センター
 サル・イノシシからイタチなどの小動物まで対応の「獣塀くん」についてはこちらかに詳しい説明書が入手できます

財団法人 知床財団/知床自然センター
 世界遺産知床では、知床自然センター野生動物対策によって日本で最も進んだクマ管理の方法が模索されています。


日本クマネットワーク JBN
 ヒグマ、ツキノワグマ問わず、クマ類の問題を扱う団体で、会員は研究者・専門家・ハンター・農家などからなり、日本のクマ問題解消の牽引力ともなっています。

ピッキオ ワイルドライフリサーチセンター
 長野県・軽井沢を中心に活動するNPOですが、カレリアンベアドッグを用いたツキノワグマの追い払いでは、先駆的存在となっています。

Copyright (C) 2016 MIRAI no Agri CO.,LTD. All Rights Reserved.
  powerd by higumajuku