未来のアグリ株式会社(旧北原電牧株式会社)    

――有害鳥獣対策とは?――
  基礎編――二つの手法 
    電気柵
    物理柵
  実践編――動物別戦略
    イノシシ
    シカ
    サル
    クマ
    その他(中型ほ乳類)
    AdvancedDefence
  囲い込み捕獲
  有効利用――おいしく食べる
  各種捕獲罠
  耕作放棄地放牧のススメ 
=現場の専門スタッフから=
  FAQ
  リンク

free downroad
 
Introduction:北海道では今―――
 北海道各地では現在、様々な環境要因でシカが過剰に増える傾向にあり、農地被害・交通事故の他、山林の特定の草本を過剰に採食、あるいはニレの樹を中心に樹皮食いが深刻化したりしています。道は「エゾシカ保護管理計画」によって増えすぎたシカの個体数調整に取り組んでいますが、銃器による捕獲駆除が盛んに行われることでヒグマの動向が人里寄りに変化するなど、射殺駆除の弊害も現れてきています。懸念される猟友会の高齢化・空洞化・減少も歯止めのメドが立たず、近い将来、銃器のみによる大型ほ乳類の保護管理は困難も予測されています。
 そこで、個体数調整を必要とするシカに対して浮上し、テストを繰り返しながら普及がめざされているのが「囲い込み捕獲(囲いワナ)」です。農地を防除しシカの侵入を防ぐだけでなく、群れで行動するシカを一網打尽に捕獲しようというのが囲い込み捕獲の狙いですが、北海道における実地テストでは、良好な結果が出ています。

獲った野生動物の有効利用 
 この方法において、大量に獲れたシカをどうするかという問題がありますが、シカは欧米では高級食材ジビエとして扱われ(ヴェニソン)、脂肪分を含まない赤身のシカ肉はヘルシーさでも獣肉中群を抜きます。北海道では、捕獲したシカを食肉として流通させるための一時養鹿施設・解体施設などの施設が各地にでき、地域振興にも一役買っています。(→有効利用――おいしく食べる
                                                        

事例1:シカの囲い込み捕獲施設(北海道)
 ここに紹介する囲いワナの基本的な設計は北原電牧(株)のオリジナルではなく、北海道環境科学研究センターを中心とした研究の成果です。道内の捕獲施設の多くは、この研究を参考に設計されていますが、北原電牧(株)は、これらの施設を多く手がけノウハウを蓄積しています。

 
                                            注)PF=電気柵、NF=物理柵

    
 写真左より、通常ゲート(誘引ゲート)、落としゲート、「ゾウの鼻」の内部、積み出し用最終コンパートメント。

 シカの出没が多いエリアにおいて、誘因餌と誘導用電気柵で、物理柵で囲った捕獲用牧草地などにシカの群れを誘導し、十分餌付けが進みシカの数が揃ったところで落としゲートを遠隔操作で閉め、群れごとシカを捕獲します。
 ゲートは数カ所設け、そのうち一ヵ所落としゲートを設置しますが、餌付けられたシカがこの場所に慣化するに従い通常ゲートを閉めていき、最終的に落としゲートのみ開けてシカを誘導します。
 捕獲したシカは、上図面右から左の「ゾウの鼻」などと呼ばれる細い部分に追い込み、最終的に分割可能な狭いコンパートメントに誘導します。ゾウの鼻へのシカ誘導は、今のところ人海戦術で行っていますが、将来的に人手を必要としない確実な技術が開発できるかも知れません。
 最終コンパートメントに入れられたシカは、解体施設もしくは一時養鹿施設に運搬されます。

 周辺の地形や植生によってゲートの位置、誘導電気柵の形状・誘因餌の位置などは考慮されなければなりませんが、銃器で捕獲不可能な夜行型化したシカを一網打尽にできるうえ、養鹿技術の向上とともに安定した流通が見込まれ、さらにシカの流血、あるいは手負いのシカをつくってヒグマを誘引することもないため、特に北海道ではシカの囲い込み捕獲の普及が望まれています。
 北原電牧・野生動物対策チームでは、防除に際して野生動物の行動パタン観察・分析に余念がなく、また、防除フェンスの経験から養鹿施設の設置もお手のものです。



事例2:イノシシ捕獲用トラップゲート(開発テスト中)
 北海道の高速道路などで利用されているワンウェイゲートを応用したゲートを特措法で設置しました。イノシシ・シカが囲いに入って出られなくなる点では、上述「囲いワナ」と同じですが、ゲートの工夫によって遠隔操作が不要で、「落とし扉」のような危険性もありません。
 問題は、このゲートからどれくらい野生動物に対してストレスになるか、つまり、ちゃんとこのゲートから囲いワナの中に侵入してくれるかどうか、あるいは、一度侵入したイノシシやシカがこの扉から脱出することがないかどうか、この二点ですが、現在、北原電牧・野生動物対策チームによって、性能・技術面でのテストが実用化に向けて行われています。結果の報告は、このホームページでさせていただきます。乞うご期待。
          
Copyright (C) 2016 MIRAI no Agri CO.,LTD. All Rights Reserved.
   powerd by higumajuku