トップページ > 沿革
昭和22年2月 創立者北原鉱介、北海道夕張郡由仁町にて農電用資材の北原電気製作所創設
昭和28年1月 北原鉱介、電牧器に関して「オーム技術賞」を受賞
昭和28年12月 北原鉱介が札幌市において北原電牧株式会社を設立。
昭和35年11月 中小企業庁長官より表彰を受ける
昭和38年3月 通商産業大臣より表彰を受ける
昭和39年1月 中小企業合理化モデル工場の指定を受ける
昭和44年9月 通商産業大臣より昭和44年度技術改善補助金の交付を受ける
昭和45年9月 北海道知事より昭和45年度北海道工業製品開発補助金の交付を受ける
昭和46年7月 千歳市北信濃770番地10(千歳市工業団地内)に千歳第一工場を建設
昭和46年7月 通商産業大臣より昭和46年度技術改善補助金の交付を受ける
昭和46年11月 農林大臣より昭和46年度工業化試験補助金の交付を受ける
昭和46年12月 中小企業研究センターの「中小企業研究センター賞」(北海道地区表彰)を受賞
昭和47年1月 代表取締役北原鉱介死去。新代表取締役に北原慎一郎就任
昭和48年4月 千歳市北信濃770番地10(千歳市工業団地内)に千歳第二工場を建設
昭和51年3月 千歳第二工場を増設
昭和56年4月 岩手県盛岡市みたけ4丁目に盛岡出張所を開設(平成4年営業所に昇格)
昭和59年3月 北海道より「パソコンによる個体別濃厚飼料自動給与システムの開発」で地場製品開発促進資金の交付を受ける
昭和59年4月 北海道拓殖銀行よりプログラムフィードに関して「たくぎんどさんこ技術開発奨励賞」を受賞
昭和60年3月 昭和59年に発表した自動給餌システム「プログラムフィード」に関して「たくぎんどさんこ技術開発奨励賞」を受賞
昭和61年2月 北海道より「パソコン制御による自動乳量計測システム」で地場製品開発促進資金の交付を受ける
昭和62年9月 北海道立工業試験場、北海道立根釧農業試験場と「ボトムアンローダ耐久性向上」について共同研究を実施
昭和62年12月 北海道より「係留式牛舎用自動給飼システム試作研究」で地場製品開発促進資金の交付を受ける
昭和63年3月 北海道より「係留式牛舎用自動給飼システムの生産」で新製品等事業化資金の交付を受ける
平成3年6月 北海道立根釧農業試験場と「発情検出装置の開発」で共同研究を実施
平成3年9月 ニュージーランドの電牧専門メーカー・スピードライト社と提携して、野生動物侵入防止用電気柵の普及拡大に取り組む
平成4年3月 新技術事業団より「可般式牧柵設備」の開発について斡旋を受ける
平成5年3月 生物系特定産業技術研究推進機構(農林水産省と大蔵省の所管による特別認可法人)等と共同出資し、株式会社エム・エー・ティー(搾乳自動化技術研究所)設立 搾乳ロボットの研究開発に参画
平成6年7月 情報処理振興事業協会(IPA)より「農業分野におけるアプリケーションソフト作成システム」の開発を受託
平成7年3月 北海道より「統合型酪農自動化システムの研究開発」で地場製品開発促進資金の交付を受ける
平成7年12月 北海道より「創造的中小企業技術開発事業」で補助金の交付を受ける
平成8年2月 生物系特定産業技術研究推進機構より「係留式牛舎における超省力飼養管理システムの研究開発」を受託
平成8年5月 情報処理振興事業協会より「アプリケーション簡易作成システム」の開発を受託
平成9年11月 本社新社屋を建設
平成10年7月 農林水産省草地試験場より「多様な自給飼料基盤を機軸とした次世代乳肉生産技術の開発」を受託
平成11年9月 社団法人日本草地畜産協会より「畜舎モニタリングシステム検討業務」を受託
平成12年6月 粗飼料配合飼料自動給餌機「マックスフィーダー」を発表
平成14年10月 北海道より「酪農新飼養管理システムの開発」で産業クラスター形成推進事業の助成を受ける
平成15年4月 京都出張所開設
平成15年7月 生物系特定産業技術研究推進機構と「牛体情報モニタリングシステムの開発」で共同研究を実施
平成15年10月 札幌市の「2003年度Made in札幌 グランプリ」でMAXミニがグランプリ賞を受賞
平成16年10月 マックスフィーダーが札幌商工会議所主催の「北のブランド2004」に認証される。
平成16年12月 MAXミニの開発を評価され、札幌商工会議所より「輝け!MVP表彰」企画開発部門で優秀賞を受賞
平成17年9月 「家族酪農経営を活性化する新しい飼養管理システムの開発」が北海道経済産業局の「新連携計画」に認定される
平成17年10月 マックスフィーダーと低コスト鹿用金網柵が札幌商工会議所主催の「北のブランド2005」に認証される
平成17年12月 北海道主催「北海道エクセレントカンパニー」優秀賞を受賞
平成18年9月 社団法人発明協会の北海道地方発明表彰でマックスフィーダーが知事賞を受賞
平成19年6月 経済産業省の「元気なモノ作り企業300社」に選定される
平成19年8月 経済産業省の「第2回ものづくり日本大賞」で優秀賞を受賞
平成20年1月 北海道の平成19年度北海道新技術新製品開発賞で奨励賞を受賞
平成20年4月 経済産業省の「農商工連携88選」に選出される
平成20年6月 東京出張所開設
平成21年12月 神戸営業所開設
平成22年5月 農業情報学会より「貢献賞」を受賞
平成23年2月 自動給餌機部門をオリオン機械株式会社(長野県須坂市)に事業譲渡
平成23年4月 全株式を東証二部上場の前田工繊株式会社(福井県坂井市)に譲渡し完全子会社となる
新代表取締役に高橋光保就任
平成23年9月 決算期を3月31日から9月20日に変更
平成24年7月 神戸営業所を大阪営業所に移転
平成28年9月 前田工繊グループ会社である旧株式会社グリーンシステムと合併し、未来のアグリ株式会社(旧北原電牧株式会社)に商号変更
このページの先頭へ